ロゴ

自分で掛け合うより弁護士に相談した方が良い理由

弁護士に相談するべきと言われている理由は、素人が労使に意見するよりも事の重大さを気づかせることができるからです。また、法律に関する知識に長けているため、素人が掛け合うよりも支払ってもらえる確率が高いと言われています。

残業代請求の話し合い方法【雇用者と弁護士の違い】

雇用者

雇用者の場合、実際にどのぐらい残業したのか労使に説明することができ同じ職場に居る場合タイミングを見て話し合うことができます。しかし、労使と雇用者という立場上、スムーズに話し合いを進めることができないと言われています。

弁護士

法律的な知識や依頼者からの情報を元に、残業代請求の話し合いをするため労使にしっかり何故支払う必要があるのか説明することができます。また、労使が拒否した場合裁判にすることもできるため弁護士の方が早く問題解決できると言われているのです。

法律のプロだからこそ安心

残業代請求の話し合いをするときや、裁判をおこすときに必要なのは法律に関する知識をもったプロのチカラです。なるべく早めに解決したい・しっかり請求できる物は取りたいという人は相談するべき弁護士を選び、早めに相談しましょう。

労使トラブルは専門家に相談〜残業代請求は早めに解決しよう〜

天秤

弁護士の選び方

弁護士によって得意な相談内容と、不得意な案件内容とで分かれてしまうため残業代請求の依頼をするなら、残業代請求を得意としている弁護士に相談してみましょう。弁護士の実績を確認する方法は、案件解決の実績を確認してみましょう。

弁護士

労働審判はプロのチカラが必要

残業をしても残業代を支払ってくれない・不当な解雇で困っているという人はプロの弁護士に相談してみましょう。労働審判をするためには、専門的な知識が必要になります。そのため、素人だけで勝つのは難しいと言われており弁護士に相談する人が多く存在します。相談するときは、どんな流れで解決に導くことができるのか確認しておきましょう。

残業代請求なら京都のプロにお任せ!

[PR]
成田で弁護士事務所を利用
プロが親身に対応してくれる

残業代請求依頼から解決までの流れ

ジャッジガベル

解決したい問題の相談

弁護士に依頼するときは、最初に抱えている悩みを相談します。依頼者の話を聞きながら現状の整理をし、どういった解決方法をするべきなのか考えていきます。

依頼

相談内容をもとに、弁護士が解決できそうな案件の場合は受任し案件解決のための行動をスタートさせます。弁護士によって、料金が変わるため正式に依頼する前に聞いておきましょう。

相手との交渉

弁護士が依頼者の代理人として、労使と話し合いをします。話し合いだけで解決できそうにない場合は、弁護士が裁判をおこすべきかどうか考え、依頼者と一緒に戦ってくれます。話し合いが進むごとに、依頼者には情報がいくため安心です。

解決

話し合い又は裁判で決着をつけ、残業代を支払ってもらえられば案件解決として処理されます。案件解決後に、残業代の未払いなどが発生した場合は、強制執行手続きで回収することができるため、そういった場合も相談してみましょう。

[PR]
離婚トラブルを弁護士に相談しよう
プロが親身に対応してくれる!

大阪で税理士事務所を利用しよう

広告募集中